これからはゆっくり。。。

旅行記・読書・食べ歩き・子育てetc...

『代償』

伊岡瞬の『代償』! 前半は読み進めるのが辛かったです。。。 人の心を弄び操る極悪人の達也、その達也に子供時代、何もかも奪われた圭輔… 圭輔の他にも達也の毒牙にかかってしまった人がたくさんいて、根っからの悪の達也が許せない!!! 圭輔は寿人などと…

『親なきあと』×3冊

先日、お話を聞かせていただいた渡部伸さんの出した本を3冊借りてきました! ★『障害のある子が「親なきあと」にお金で困らない本』 ★『障害のある子の「親なきあと」−「親あるあいだ」の準備−』 ★『障害のある子の家族が知っておきたい「親なきあと」−お金…

『W県警の悲劇』

葉真中顕の『W県警の悲劇』! W県警で起きた事件の短編集です!! どの話も最後に「えっ?」って感じのどんでん返しがあり、かなりイヤミス要素がありますが、それほどドロドロと感じないのはどうしてだろう??? 2作目の「交換日記」は“祐司”と“佑司”の違…

『男子のための人生のルール』

玉袋筋大郎の『男子のための人生のルール』! 主に男子中学生に向けた話ですが、大人が読んでも、女子が読んでも面白い♪ むしろ、大人の方が「うん、うん、納得!」って部分が多いんじゃないかな〜? ほとんどが下ネタに繋がっているけど(^◇^;) 私が1番共感…

『GOTH リストカット事件』

乙一の『GOTH リストカット事件』! イヤミス作品を探していたらヒットした初めての作家さんの作品です!! 一見、穏やかそうに見える異常快楽殺人者にゾッとしつつも、それほど悪者に見えないのはどうしてだろう? それにしても、どの作品も途中や最後に「…

『顔 FACE』

横山秀夫の『顔 FACE』! 似顔絵婦警の瑞穂が超男社会の警察の中で、女のくせに…といったような差別を受けながらも成長していく姿が描かれた短編集です! なかなか読み応えもあり、さくさく読めました(^_^)v そう言えば… 今って“婦警”って言葉、聞かないけど…

『動機』~移転した新しい図書館で~

横山秀夫の『動機』! 4作の短編集ですが、表題の「動機」をはじめ、どれも短編とは思えない面白さでした! 得意の警察モノが少なかったのも新鮮♪ 実はこの本、いつも予約を入れて図書館から借りている私にしては珍しく、図書館をフラフラして手にした作品…

『我が心の底の光』

貫井徳郎の『我が心の底の光』! 幼少期に死に直面するほどの壮絶な体験をした主人公の復讐劇… でも、復讐する相手が、えっ?その人??って感じ… だらしなく育児放棄した母親は殺されてしまったから復讐出来ないにしても、父親が出てこない… で、父親の愛人…

『仔羊たちの聖夜』

“イヤミス おすすめ”…と検索して出てきた作品の1つ、西澤保彦の『仔羊たちの聖夜』! 本当にこの作品はイヤミスなのかな〜?と疑問に思うくらい、出てくるキャラクターが個性的だし話しのテンポも良くてスイスイ読めました! が… クリロト(クリスマスに発…

『ブロードキャスト』

湊かなえの『ブロードキャスト』! 湊かなえ得意のイヤミス作品ではなく、爽やかな青春小説です!! もう少し、想像もしていなかった新しい世界(放送部)の活動に夢中になってのめり込んでいく話しかな〜?って思っていましたが、夢中になっていくまでの過…

『静おばあちゃんにおまかせ』

中山七里の『静おばあちゃんにおまかせ 』! 『テミスの剣』が面白くて、特に高遠寺静判事が格好良い女性だったので、その静判事の出てくるこの本を楽しみにしていたんですが… ん〜…なんだかな〜… 事件現場に刑事が彼女を連れて来ちゃったり、彼女が家に帰り…

『テミスの剣』

中山七里の『テミスの剣』! 冤罪がテーマなので重い… 警察という大きな組織に1人で立ち向かう渡瀬刑事はとても強い人間だと思うけど、じゃ〜どうして最初の取り調べで上司に流されて(しかもその上司が証拠を捏造…)冤罪を生み出してしまったのか??? こ…

『桶川ストーカー殺人事件ー遺言』

清水潔の『桶川ストーカー殺人事件ー遺言』! 1999年に埼玉県桶川市で起きた殺人事件… ワイドシュー好きの私は、この事件の事もよく覚えていて、多分色々知っている方だと思っていました… 執拗なストーカーグループに、仕事をしない警察! 特に、随分後…

『コンビニ人間』

村田沙耶香の『コンビニ人間』! 2016年12月に図書館に予約をして、ようやく手元に届きました〜\( ˆoˆ )/ 第155回芥川賞受賞作ですっ!! 面白かったです♪ 一気に読んじゃいました 表紙の絵の意味は全然分からないけど(^◇^;) 今度コンビニに行く時…

『ブラック・ドッグ』

葉真中顕の『ブラック・ドッグ』! 動物愛護がテーマのパニックものです! かなりグロテスクな描写が多く、そちらばかりに目がいってしまいそうですが、作者の言わんとしていること、「人間の身勝手さ」が凄く伝わってくる話しです! あと、自閉症をはじめと…

『コクーン』

葉真中顕の『コクーン』! う〜ん…難しい´д` ; 内容についていくのも、感想も… if「もし」…を考えたら色々な可能性が無限に広がるこの世の中… そんなifがたくさん詰まった物語… 震災 、宗教テロ、戦争…と、なかなか重い話しでした! 図書館で借りる本って、…

『ロスト・ケア』

葉真中顕の『ロスト・ケア』! 1冊目の『絶叫』がとても良かったので2冊目にチャレンジです! いや〜、これもなかなか良い作品でした! 結構早い段階で犯人が分かって、「あ〜、犯人が分かった上での話しの展開なんだな〜…」と思って読み進めていたら、終…

『絶叫』

葉真中顕の『絶叫』! 初めての作家さん、しかもおよそ600ページと、最初は「つまらなかったら辛いな〜…」と読み始めましたが、グイグイと引き込まれていくストーリーでした! しかも、秋葉原の無差別殺傷事件とか東日本大震災とか、実際にあった事件や災害…

『護られなかった者たちへ』

中山七里の『護られなかった者たちへ』! 初めての作家さんです!! 生活保護をテーマにしたミステリー作品ですが… “健康的で文化的な最低限度の生活”…っていったいどんな生活なんだろう? そして、生活保護受給申請者が増えているのに、予算は減らされ、き…

『ロンリネス』

桐野夏生の『ロンリネス』! なんか、桐野夏生っぽくな~い(;´Д`) 子供を保育園(幼稚園)に通わせているママたちのドロドロ不倫話し・・・ だいたい、子供がそんな小さい時にママ友の旦那さんにときめいたり出来ないって!!! W不倫して妊娠もしちゃって…

『息子が人を殺しました』

阿部恭子の『息子が人を殺しました』! 全国で初めて犯罪加害者家族を対象とした支援をしているNPO団体の理事である阿部さんが、家族から犯罪者を出してしまった加害者家族の実態を、沢山の事例をあげて語ってくれています! ただ・・・ 事例数は多いけど、…

『はぶらし』

近藤史恵の『はぶらし』! 数ヶ月前に図書館に予約した本ですが、私の知らなかった作家さんだし、何故この本を読みたくなったのか、今や何も覚えていません(^◇^;) 高校時代に同じ部活でそれなりに仲良くしていた女友達から10年ぶりくらいに連絡があり、離…

『北天の馬たち』

貫井徳郎の『北天の馬たち』! ん〜… 悪くはないけど、普通な感じ… 喫茶店の2階に探偵事務所を構えた2人のキャラ設定も中途半端な感じだし、その2人と喫茶店を切り盛りする主人公との関係性も中途半端な感じだし、ストーリー的にはありふれた資産家の相続…

『壁の男』

貫井徳郎の『壁の男』! 一見、稚拙に見える原色の絵を自分の家の壁に、頼まれて近所の家の壁に…と描く伊苅という男に、ノンフィクションライターが取材を試みる! 伊苅は何故、絵を描き続けるのか・・・ サスペンスとも違う、ファンタジーともホラーとも違…

『転生』

貫井徳郎の『転生』! 心臓移植がテーマだけあって、もっと重い話しかと思いましたが、さらっと軽い感じで、でも読みごたえのある作品でした! 読み始めは東野圭吾の『変身』が頭に浮かんだけど、『変身』は脳移植だったし、もっと重い話しだったし、全然違…

『微笑む人』

貫井徳郎の『微笑む人』! 読み終えて… 「えっ???」な気分… いやいや… 「でっ???」な気分…と言った方が正しいかも… 「でっ???だから結局何だったの???」??? 「本を置くスペースがなくなったから…」という理由で妻子を殺害した男の本当の動機…

『東電OL殺人事件』

イヤミス好きな私ですが、実は犯罪モノのノンフィクションも好きです! まだそれほど読んでいませんが、今までで1番ショッキングだった本は、誉田 哲也 の『ケモノの城』! 北九州監禁殺人事件を題材にしたほぼノンフィクションで、これはもう頭から離れない…

『光と影の誘惑』

貫井徳郎の『光と影の誘惑』! これは4つの短編?中編?集です!! 短いストーリーの割にはなかなか面白かったし、表題の「光と影の誘惑」のトリック?はお見事! 最後の「我が母の教えたまいし歌」は最後の最後に「えっΣ(゚д゚lll)」とビックリさせてもら…

『夜想』

貫井徳郎の『夜想』! 特別な能力を持つ少女に救われた・・・と思った雪籐を中心に、少女のもとには人が集まり、人数が多くなれば組織化しなくてはならなくなり、宗教とは違うと言っても傍目からは宗教に見えてしまい、それでも少女と雪藤は自分達の信念を貫…

『ドミノ倒し』

貫井徳郎の『ドミノ倒し』! 田舎町で起こった殺人事件の調査を依頼された、ほぼ便利屋さん的な探偵が、調査を進めていくと別の未解決殺人事件が浮かびあがり、その未解決殺人事件を調べていくとさらにまた別の未解決殺人事件が浮かびあがり… まさにドミノ倒…